news

新着情報・ブログ・コラム

  • 特集

造作洗面台特集

2021年9月28日(火)

 

最近人気の造作洗面台。

毎日あらゆるシーンで使う洗面台。だからこそ、こだわりの空間にしたいものだと思います。

でも既製品ではピンとくるものがない…そんな方には造作洗面台がおススメです。

本日はアイレストホームで実際に施工した造作洗面台をご紹介します!

 

造作洗面台とは…???

オリジナルで作る洗面台のこと。

洗面ボール、水栓、ミラーキャビネット、収納などを自由に選んで、自分だけの洗面空間を作る事が出来ます。

 

〇造作洗面台のメリット

・完全オリジナル

他と被らない完全オリジナルの洗面台をつくることができます。造作ならサイズもデザインも自由自在。

注文住宅ならではのオリジナリティをいかして、憧れのおしゃれな洗面台を叶えることができます。

 

・自由度の高さ

洗面ボウル、水栓金具、鏡、カウンターなど、ひとつひとつのパーツの色や素材を自由に選ぶことができるのも造作洗面台ならでは。

デザイン性、収納の数やサイズ、お手入れのしやすさなど何を重視するかによって自由に組み合わせられます。

 

・間取りに合わせた設計ができる

既製品の場合、すでにサイズが決まっているため、間取りによって無駄なスペースができてしまうことも…。

造作洗面台は、幅や高さ、奥行きなどをスペースや使い方に合わせてつくることができ、綺麗にぴったりと収まられます!

 

■ベッセル(置き方)タイプ

カウンター材の上に洗面ボウルを据え置くタイプです。最もデザイン性が高く、造作洗面台といえばこれ!という人気の形です。

 

 

 

 

 

■ベッセルタイプ×タイル

 

 

 

 

 

■音響熟成木材×シックな洗面ボウル

 

 

 

 

■アンダーカウンタータイプ

カウンター下から洗面ボウルを直接取り付けるタイプです。

カウンターの面がフラットになるためスタイリッシュな印象に仕上がり、洗面ボウルよりもカウンターや水栓、壁まわりのデザインを見せたい方や、お手入れのしやすさを重視される方におすすめです。

 

 

■半埋め込みタイプ

洗面ボウルの半分程度をカウンターの下に埋め込むように設置するスタイル。

空間にすっきりと収まるデザインながらも、洗面ボウルの存在感を感じることができます。

 

■カウンター一体型

カウンターとボウルに継ぎ目のない一体形状のデザインです。清掃性に優れ、お手入れも楽に。

 

■ミックス

左はアンダーカウンタータイプ、右はベッセルタイプです。

このように、自由に組み合わせることも可能です!

世界に一つだけのオリジナル洗面台を作れる造作洗面台ですが、お値段が少し高くなってしまったり…デザイン性を重視したらお手入れがしづらくなってしまったり…というデメリットもあります。

何を重視したいのか…こんなデザインにしたい…などなどお気軽にご相談ください😊

 

 

 

 

おすすめ施工事例