漆喰のダイニング

建築当時の部材とモダンなプランが融合したLDK

築90年の広い日本家屋。トイレなど水回りのリフォームを終え、次はキッチンの使い勝手を良くしたい、とのご希望が今回の出発点となった。建築当初は土間だった場所に設けられていたキッチンは天井が低く、やや孤立した印象。そこで隣の部屋をWICにしてその分のスペースを広げ、天井高も梁が見えるほど思い切って高くし、開放的で明るいモダンな空間に。カウンターキッチンはダイニングとの一体感があり、利便性は大きく向上した。さらに古い家屋の弱点である断熱性の低さに関しても、断熱材や断熱サッシを用いることで大幅に改善し、夏でも冬でも心地よく過ごせるLDKとなった。

広く開放的な空間は三方に窓があり、採光や通風も抜群。料理をしながら裏庭の眺めも楽しめる。

収納豊富で使い勝手が良く、動線も考慮したキッチン。以前はあった奥の浴室との床の段差もうまく解消した。

壁はご主人お気に入りの「幻の漆喰」。LDK以外の部屋も一部、漆喰で塗り直している。

壁面は一部に「音響熟成木材」も使用。「画鋲を刺すのがもったいないほどきれい」とは奥様の言葉。

猫を飼っているということで、床はお手入れの簡単なナラ材のフローリングに。

日当たりの良い縁側の廊下も同じフローリング。美しい木目が日本家屋にもマッチする。

ポイントである高い天井は建築当時の梁を生かした独特の景観が印象的。開放的であるだけでなく、断熱性も強化してある。

高さや強度を確保するために組み方を変えるなど、もっとも工夫した部分。これだけの太さの国産木材は今ではなかなか手に入らない。

地域柄、来客なども含めて人の出入りは主に勝手口。目隠し代わりの壁面を設け、プライベートにも配慮した。

存在感ある一枚板のダイニングテーブルは、四国の家具屋で製作したセミオーダー品。