ウッドデッキのある家

「音響熟成木材」の香りと吹き抜けのリビングでリラックス

関東地方から転勤してこられたO様ご家族。アイレストホームのモデルルーム見学会に参加した際に、「音響熟成木材」の香りに包まれた住空間を大いに気に入ったことが家選びの決め手となった。
育ちざかりのお子様のため、和室スペースやウッドデッキなど、一緒に気持ちよく過ごせるスペースづくりに配慮し、将来に向けて収納の充実にもこだわった。
また、LDKは日当たりの良い南向きの立地を生かし、豊富な採光と空気の流れ、開放感を重視。帰宅した時に温もりが感じられ、心からリラックスできる住まいが実現した。

キッチンからリビングダイニング、奥の和室スペースまで全て見通せる大空間。家事中でもお子様が常に視界の中に。

リビングのソファに座り、吹き抜けから勾配天井とシーリングファンを見上げるのが、奥様お気に入りのリラックスタイム。

リビングの壁面は「幻の漆喰」に。テレビ側の一面のみ、あえて塗り方を変えてあるのは施主様のこだわり。

和室スペースには段差を設け、腰かけてお子様と会話をしたり、洗濯物を畳んだり。段差を利用した収納も確保。

お子様が帰宅してすぐに手が洗えるように、玄関から洗面所までの動線をスムーズにつないだ。

2階の各ドア。基本はグリーンで、トイレのみブルーに変えてちょっとした遊び心を演出。

子ども部屋ももちろん「音響熟成木材」。温かみのある肌触りが安心感を与えてくれる。

2階のウォークインクローゼットも大スペースを確保。その上には多目的に使えるロフトも。

トイレの手洗いボウルとタオルバー、水栓は、シンプルで清潔感を重視したご主人のチョイス。

日当たり抜群のウッドデッキは、お子様と日向ぼっこをしながら午後のひと時を過ごすのにもぴったり。