HOBBY SPACEのある家

趣味に興じたり、アウトドアグッズの手入れにも重宝な『土間空間』

2018年のこころモデルハウスは、自由設計✕HOBBY SPACE。これまでとは大きく異なるモダンな外観だが、内装はもちろん、「幻の漆喰」と、杉の無垢材「音響熟成木材」で仕立てた健康住宅「エアリード」だ。プランニングの大きな特長は、趣味の時間を大切にしたい大人に贈る「ホビースペース」。壁や天井を音響熟成木材で板張りにした土間空間には、屋外への出口や大型の水栓も備える。ここでなら、釣り道具の手入れや自転車のメンテナンス、レジャー用品の洗浄など、ワイルドな遊びのツールと親しむのに、何の遠慮もいらないだろう。更に同モデルハウスは、耐震に制震をプラスした「地震に強い家」でもある。リビング・ダイニングの上部は吹き抜けとなり、豊かな開放感も味わえる。

ホビースペースには、中とも外ともつながる出入り口と水栓を設置。アウトドアやスポーツ用品などの収納とお手入れ、作業スペースとして重宝する。

アイランドキッチンを採用したリビング・ダイニング・キッチンは約25.53畳もの大空間。上部が吹き抜けになった開放感あふれる団らんスペースだ。

キッチンにはタイル+床暖房を採用しているので、冬場も暖かく調理を楽しめる。

吹き抜けに面した書斎スペースは、ご家族みんなで共有できる空間に。

子ども部屋にはロフトベッドを採用。

デザインの異なる子ども部屋2室を見比べてみよう。

LDKと洗面室に隣接したウォークインクローゼット。家族みんなのものを収納でき、1階だけで衣類の洗う・干す。しまうが完結できる。

外観は緑のガルバリウム鋼板と木肌を組み合わせたモダンデザイン。

ウッドデッキはL字型のLDKとウォークインクローゼットに面しているので、遊び場として、物干スペースとして、サブリビングとしてなど、自在に活用できる。