耐久性のはなし


アイレストならではの通気工法で長寿命住宅を実現

基礎パッキング工法

基礎パッキング工法は、床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境を作ることで断熱材の性能を維持。さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない好条件をつくります。

床下の湿気を除去し耐久性アップ
  • ムラのない全周換気でコーナーの隅々まで換気。
  • 断熱材の中の湿気も排湿して、断熱材の性能を維持します。
  • 床下の乾燥状態を維持し、腐朽菌の発生を未然に防ぎます。
コンクリートの基礎と木質の土台を絶縁
  • 土台によるコンクリートの水分吸収を防ぎます。
  • 土台の適度な乾燥化により腐れを防ぎ、シロアリを寄せ付けません。
  • 基礎と土台の間は常に開放面となり、さらに木材の乾燥を促進します。

外壁通気工法+楝換気システム

木造住宅の外壁の中は、室内からの湿気が入り込んだり、断熱材の欠損があると壁の内部に結露を起こすことがあります。この壁の内部の結露は、壁内の木材を腐らせて建物の耐久性を低下させたり、室内側の石膏ボードの裏面からカビが発生し、シックハウス症候群やアレルギーの原因になります。
そこでアイレストホームでは、外壁に沿って空気層を確保し、壁の内側の湿気を外部に放出する『外壁通気工法』を採用。壁の内部に湿気がこもりにくい構造で、家と住む人の健康を守ります。

外壁通気工法

屋根裏は、換気が不足しやすく、夏は想像を超える暑さとなります。楝換気によって結露を防止し、夏場の温度上昇を抑えます。

耐久性・安定性・メンテナンス性に優れた配管

サヤ管ヘッダー工法+基礎スリーブ工法

給水・給湯管をサヤ管(保護管)に通して配管し、各水まわりへの分配配管(ヘッダー)する「サヤ管ヘッダー工法」を採用しています。

サヤ管ヘッダー工法の特長
  • 水漏れの心配なし
  • 安定した水量で快適
  • 結露から守る
  • 補修や交換のメンテナンスが簡単

シロアリ対策も万全の家づくり

シロアリから家を守る

「安全+ 半永久」自然生まれの防腐防蟻剤「ホウ酸系防腐防蟻剤」

「ホウ酸系防腐防蟻剤」は、無機性物質「ホウ酸塩」の木材保存剤。素早く木材に浸透してシロアリや腐朽菌を寄せ付けません。
無機性物質のため揮発しないので効果は半永久的。地面の中や、雨水にかからない環境下なら有効成分は木材内にとどまり続け、半永久に近い持続性を保ちます。また、「ホウ酸系防腐防蟻剤」は無臭かつ揮発しないのでシックハウスを起こしません。

ホウ酸系防腐防蟻剤の主な特長

高い防蟻・防腐性能
劣化予防に、優れた効果を発揮します。
安全性
揮発性が全く無いので、空気を汚しません。
安全性
揮発性が全く無いので、空気を汚しません。

健康住宅・高耐久住宅に
ピッタリの製品です。

ホウ酸塩(コールマン石)

ホウ素はカリフォルニア州などで採掘された鉱石(ホウ酸塩鉱物)に含まれる元素で、哺乳類には安全でありながら昆虫や菌類などの下等生物を制御できます。

ホウ酸系防腐防蟻剤

主成分 ホウ酸塩
作用 食毒性
・木材に浸透して保護する
・シロアリが口にすると死亡
効果持続 持続力が長く半永久的
揮発しないので空気を汚さない

農薬系防腐防蟻剤

主成分 農薬の成分
作用 神経毒性
・薬剤成分がシロアリの神経を破壊
・人や動物にも有害
効果持続 持続効果が短く最長5年
揮発するためシックハウスの原因に

5年で効果がゼロの農薬系防腐防蟻剤では、
シロアリから家を守ることはできません!

工法によって選べる
安心のシロアリ補償

シロアリを寄せ付けない基礎パッキング工法の場合、城東テクノ株式会社のシロアリ補償制度が付いているので、「ホウ酸系防腐防蟻剤エース」を使用します。また、基礎パッキンを使わない場合は、シロアリ補償のついた「ホウ酸系防腐防蟻剤PRO」をオプションで選択していただけます。ホウ酸系防腐防蟻剤PROの保証期間はなんと10年。補償上限金額も1000万円となっています。これも技術にある証し。「損害補償」は、新築物件に限ります。詳しくは担当者にご相談ください。