プランニングのはなし


夏涼しくて、冬暖かい、地球にやさしい家づくり

パッシブ設計

冷房や暖房に頼らなくても、夏は涼しく、冬は暖かい「木の家」に住みたい。そう考える人たちが増えています。
環境に負荷をかけず、太陽の光や風をうまく取り入れながら、自然と仲良く暮らしたい。それを実現するのが、パッシブデザインです。
パッシブデザインとは、機械(アクティブ)に頼らず、光や風など自然(パッシブ)の力によって、四季を通じて快適な住まいをつくる設計手法です。

夏、涼やかな風が爽やかさを運んでくる。

夏の暑さを防ぐ最大のポイントは、直射日光を遮ること。
深い庇や軒先、すだれなどで部屋へ直射日光が差し込まないようにすると、部屋の温度上昇が抑えられます。そして、極力風通しの良い窓の設計が大切です。暖かい空気は上昇するので、2階の北側の高い位置に排気用の窓をつけて、温まった空気を逃がす工夫が必要です。
また、夜は窓を開けて寝たいところですが、防犯上開けて寝ることができないことが多いので、窓の大きさや高さを工夫したり、格子を付けたりなどの工夫によって、防犯上安心して窓を開けて寝ることができます。

冬、日だまりのようなぬくもりに癒される。

天気のいい冬に日差しが差し込むリビングは日中暖房がいらないほど暖かいですよね。 世界的に見ても日射量の多い日本(特に瀬戸内海!)ですから、極力日差しを部屋に取りこみ、熱を蓄える工夫が有効です。
もちろん、せっかく取り込んだ熱を逃がすようでは元も子もありませんから、家全体の気密性と断熱性を高めることが前提となります。
そして、厚さのある音響熟成木材が有効ですが、取り入れた熱を蓄えることができる素材選びも重要です。

パッシブデザインでエコ

パッシプデザインについて述べてきましたが、自然の力を大切に使うということは、環境に優しいと同時に人にも家計にも優しい住まいです。
高い気密可断熱性能にパッシブ設計を取り入れる住まいは、建設時にコストアップを伴いますが、ランニングコストを考えると十分元が取れ、何よりも快適な生活が送れます。
さあ、皆様もパッシブデザインな住まいを私たちと一緒に考えませんか?

大間口・大空間を可能にした個性あふれる設計

GUTTフレーム工法

GUTTフレーム工法は、建物の骨組に良質の骨太材とオリジナル金物を組み合わせることで、壁全面の床から天井まで届く大開口や間仕切りのない大空間など、木造軸組工法やツーバイフォー工法だけでは実現出来なかった大開口・大空間を可能にしました。
一般の木造では不可能な個性あふれる設計をご提案します。

ラーメン構造「GUTTフレーム」技術

ラーメン構造「GUTTフレーム」は構造がシンプルで、曲げモーメントにより生じる圧縮応力、引っ張り応力の両方に十分耐え得る強度を備えた柱脚構造、および柱と横架材との接続構造を提供しています。
木造(在来工法・2×4)と組み合わせ、必要なところに必要な本数だけ使用するラーメン構造「GUTTフレーム」は、耐震性能の向上だけでなくコストパフォーマンスにも優れ、新築だけでなくリフォームにもその威力と可能性を発揮します。また、耐久性にも優れています。

自由設計の夢を広げます

ヨコにもタテにも大きな開口部や壁のないワンフロアの大空間など、木造工法では考えられなかった住まいが実現できるラーメン構造「GUTTフレーム」工法。たとえば南面からたっぷりの採光と、庭と一体となった広々リビング。さらに、高天井、吹き抜け、ビルトインガレージまで、思い描く自由な夢の空間を実現可能にします。

活用メリット

  • 大広間、ビルトインガレージ、店舗、事務所やスケルトン&インフィル住宅が可能。
  • 和風住宅の大きな広縁開口部、吹き抜け、2台並列ビルトインガレージなど大開口が可能。
  • 必要な箇所に1フレームから採用可能。必要最低限の利用で済みます。

専用オリジナル金物が優れた強度を実現

ラーメン構造「GUTTフレーム」では、専用オリジナル金物を使用し、強靭で信頼性の高いフレーム強度を実現しています。

柱脚金物

M16のアンカーボルトで直接基礎に接合された柱脚ボックスと、柱の中にドリフトピンで固定された2本の丸棒金物Sで構成される柱脚部分は、強靭で信頼性の高い柱脚構造を提供し、耐力壁に代わるフレーム強度を実現しています。

柱梁金物

フレームの柱と梁の接合部分は、せん断プレートと丸棒金物Lがそれぞれドリフトピンで固定され、半剛接合構造を構成し、耐力壁に代わるフレーム強度を実現しています。

1.せん断プレート 2.特殊丸棒金物 3.ドリフトピン

在来部材金物

フレーム間およびフレームを在来部と接合する横架材は専用せん断金物を用いることによって金物同士の干渉を防ぐとともに、現場での作業時間を大幅に短縮します。

※横架材の接合金物や接合方法は、このほか数種類に対応しています。