エコ・エコのはなし


環境にも家計にもやさしい住まいをつくろう

地球温暖化による環境破壊が心配される今、かけがえのない豊かな自然を子どもたちの世代にしっかりバトンタッチしてあげたい。
そのためにアイレストホームでは、自然環境にやさしく、そして家計にもやさしい、Ecology(エコロジー)&Economy(エコノミー)な住まいづくりを提案しています。

美しい環境を次世代へ。
そのために温暖化防止は私たちの課題です。

産業革命以来、私たちは石油や石炭などの化石燃料を燃やし、そのエネルギーを使って経済を成長させてきました。その結果、大気中のCO2濃度は、産業革命前に比べて40%も増加。その影響で地球の温暖化が進み、1880年から2012年の間に0.85℃上昇しています。
このまま有効な温暖化対策を取らなければ、今後の100年で世界の気温が最高で4.8℃上昇し、異常気象や海面上昇による膨大な被害につながることが予測されています。

住まいのトレンドは、「ゼロ・エネルギー」「低炭素化」「健康」の3つ

今後政府は、CO2排出量を削減するため、LCCM住宅を最終目標に、一般住宅のゼロエネルギー化と低炭素化を推し進めていきます。

アイレストホームのご提案

ゼロエネルギー×パッシブ加工×エアリード=地球と家族を健康にする住まい

ZEH基準をクリアするために高気密化が進む住環境では、これまで以上に室内の空気の質が大切となります。アイレストホームでは、家具や家電から発生する化学物質を吸収・分解し、清々しい空気をつくるエアリードで家族の健康を守る住空間を実現。あわせて、太陽光や風など自然エネルギーを上手に活用するパッシブ設計も取り入れ、低燃費性と快適性の最適なバランスを図り、住むほどに地球も家族も健康になれるマイホームづくりを目指しています。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)基準のポイント

国によって基準が定められており、次の4つの要件を全て満たすことが求められます。

ZEHに必要な4つの要件
1強化外皮基準
2基準一次エネルギー消費量を20%以上削減
3再生可能エネルギー導入
41〜3により、基準一次エネルギー消費量から100%削減

ZEHを建てるためのポイントは、
断熱、省エネ、創エネの3つ

建物の省エネルギー性能が一目で分かる制度もスタートしています

BELS(ベルス)

BELSは、国土交通省が定めたガイドラインに基づく第三者認証制度の一つ。建物の省エネ性能を一次エネルギー消費量をもとに客観的に評価して5段階の星マークで表示します。
建物の燃費を測るモノサシとして、購入前に比較検討項目に是非加えてください。

一次エネルギー消費性能に応じた★の数で表示

★★★★★ 0.8 ≤ BEI
★★★★ 0.85 ≤ BEI < 0.8
★★★ 0.9 ≤ BEI < 0.85
★★ 1.0 ≤ BEI < 0.9
1.0 ≤ BEI

家電には省エネラベル、自動車には燃費基準達成ラベルがあり、購入時に比べやすい。

住宅も燃費で
比較検討できる時代です。

早わかり解説

外皮性能の指標には
「H25基準」「ZHE」「ZEH+」「HEAT20」があります。

ZEH+(ゼッチプラス)は、よりハイレベルな省エネ性能として経産省が定義したもの。HEAT20は「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が推奨する基準で、G1とG2の二つの指標があります。

HEAT20認証ラベル

未来基準のマイホームづくり-断熱

ZEH基準をクリアするとともに「夏は涼しく、冬は暖かい」快適なマイホームづくりのために欠かせないのが「高気密・高断熱」の実現です。
アイレストホームでは、最新技術による高気密・高断熱化を実現し、環境にもお財布にも優しい未来基準の住まいづくりをご提案しています。

高性能断熱材で家全体を包み込みます

住宅用グラスウール断熱材としては世界最高水準となる熱伝導率を実現した超高性能断熱材で、床、壁、天井を包み込み、しっかりと断熱します。

最新技術で細線維化したアクリアの繊維経は、約3ミクロン。その極細のガラス繊維が絡み合って作られる空気の空間によってより高い断熱性を実現。

高気密・高断熱を確かな施工技術で

エアリードプラスは外張り付加断熱

驚異の熱伝導率0.019W/m・kを誇る世界最高クラスの断熱材で屋根断熱プラス外張り断熱を。HEAT20のG2基準も楽々クリアできるハイレベルな断熱化を実現。

最高クラスの断熱性能

同じ断熱性を得るための各断熱材の厚さ比較

※フェノバボード45mmとの比較
※断熱材は5mm単位で比較

気泡構造写真(✕30倍)

「フェノバボード」の最大の特徴は、卓越した断熱性能。熱伝導率0.019W/m・kは熱伝導が低いとされている空気よりも小さな値です。優れた断熱性能の秘密は発泡させた樹脂の中に閉じ込めた断熱ガス。これにより他の断熱材よりも薄い素材で、十分な断熱効果を発揮します。

第三者機関による気密測定を実施

断熱材を張り詰めても、隙間があるとその効果は激減してしまいます。アイレストでは、必要に応じて第三者機関による気密測定を行い、気密性能が基準をクリアしているかどうかを確認します。

高性能断熱材のメリット

メリット1 
20年後も変わらない断熱性能

耐久性に優れ、経年による劣化が極めて少ない断熱材です。建築後約18〜22年経った木造住宅のものを調べたところ、寸法、断熱性能とも新築時と変わらない性能を保っています。

メリット2 
ガラスが主原料だから燃えにくい

ガラスを原材料にしているため、燃えにくく高温に強いので、万一の火災時にも被害を最小限に抑えます。有害ガスも発生しません。

メリット3 
ホルムアルデヒドを一切使用していません

シックハウス症候群の原因となり、発がん性も指摘されているホルムアルデヒドを一切含みません。アスベストとは全く別の素材で国際的にも高く評価されています。万一吸い込んだとしても肺に入りにくく、入り込んでも体液に溶けて排出されます。

メリット4 
結露にもシロアリにも強い

高性能な防湿フィルム付きで大きな耳が付いているため、重要な防湿気密施工を確実かつ容易にし、結露を防ぎます。またガラスが原料なので、シロアリの食害にも強い断熱材です。

外皮の断熱性能を高めるには”窓”が決め手

住宅の中で熱損失の割合が高いのは「窓」。
冬の寒い外気にさらされると室内の暖かい熱が窓を通して外に逃げ、逆に夏は暑い日差しや外気熱が侵入してきます。
これではいくら冷暖房をしても窓からどんどん熱が出てしまいます。
ZEH基準をクリアするためにも、窓から逃げる熱の削減が欠かせません。

未来基準への近道は「オール樹脂」

高効率設備の導入で消費エネルギーをカット

住宅の断熱性・気密性を高めるとともに、高効率な設備や機器を取り入れて室内環境を快適に保ち、エネルギー消費量を抑えます。

創エネルギーで地球と家計の負担を軽減

家庭で消費するエネルギーを「0エネ」以下にするために、太陽光発電や家庭用燃料電池(エネファーム)などの創エネ設備で電力を創り出すことが必要です。

再エネ賦課金と電気料金の上昇が家計を圧迫する?

「再エネ賦課金」をご存知ですか?

再生可能エネルギーによって発電された電力は電力会社が一時的に買い上げています。実はそのお金、私たちが電気代の一部として負担しており、現在のところ、毎月の電気代の約1割が再エネ賦課金として徴収されているのです。
しかも「再エネ賦課金」の単価は、平成24年度の制度開始以降上昇の一途をたどっており、20年間は値上がりすることが法律でほぼ確定しています。

「再エネ賦課金」は上昇の一途

ここ4年で電気料金は25%もアップ

家電の省エネが進んでも電気代が安くなりません。

電気料金と再エネ賦課金がWでアップ

太陽光発電は得なの?損なの?

太陽光発電を導入したAさん。売電収入で初期費用の支払いを10年後に終わらせ、そのタイミングで蓄電池を購入。発電した電気を自家消費することで電力の自給自足を実現しました。これなら、毎年上がる電気代にも悩まずにすみます。

10年後は「貯めて使う」で家計を守る!

1導入時から10年間
電気料金 < 売電価格

太陽光発電で余った電気を売った方がお得

210年以降
電気料金 > 売電価格

太陽光発電で余った電気は貯めて使うほうがお得

太陽光発電+HEMSで電気をもっとお得に!暮らしをもっと便利に!

環境に優しい太陽光発電で光熱費を大幅に削減。HEMSと組み合わせることにより、省エネや売電をより楽しく上手に行うことが可能。万が一の停電時にも、電源を確保できて安心です。

  • 光を逃さず取り組み、365日たっぷり発電
  • 太陽電池が苦手な暑い日でもしっかり発電
  • 長期保証で安心!

(パナソニック家庭用太陽光発電システムHIT-標準仕様)

HEMSとは

HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)は、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。家電や電気設備とつないで、エネルギー使用状況の「見える化」や、各機器をコントロールして節電を快適にしてくれます。

1電気の流れをリアルタイムに把握

2使用電力の見える化

どれくらいのエネルギーが「いつ」「どこで」「何に」使っているのかが一目でわかります。

3電化機器の最適制御

家で使う電化設備を一括してコントロールしたり、エネルギー使用量を最適化することが可能です。

4W発電や蓄電池との連携もスムーズ

太陽光発電とエネファームを組み合わせたW発電や太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて、夜間などに使用するなど、電力会社から購入する電気を大幅に削減することができます。
エネファームで作った電気を優先的に使用することで、太陽光発電で発電した電気の多くを売電することができます。

既築・新築向け住宅太陽光発電システムのリース制度です。「太陽光発電システム」の購入に伴う初期費用の負担がなく、無料修理保証付きというメリットに加え、10年間のリース契約終了後、メーカー保証を残して無償譲渡されます。

※中国電力グループの株式会社エネルギア・ソリューション・アンド・サービスが提供するサービスです。

メリットがいっぱい!

頭金 不要
金額 月々定額乗リース料金
売電利益 売電はお客様の利益
リース利用 住宅ローン枠に影響しません
工事 標準取付工事費込み
メンテナンス 365日安心サポート
リース満了後 完全譲渡