I様邸

吹抜けリビングと階段下収納のある家

真っ白な壁と天井に木肌が映える美空間。家具も音響熟成木材でオーダー

エアリードで仕立てられた内観は、幻の漆喰の白い壁が光を反射。高窓からの陽射しも吹抜けリビングに注がれ、大変明るくのびやかな空間となっている。キッチンはダイニングと美しくつながるオープンタイプ。食材をストックできるパントリーや、おもちゃを仕舞う階段下収納を設けたおかげで、急な来客時でもさっと片付けができるという。
同社との出合いは、家づくりに興味が湧いてから訪ねた、エアリード仕立ての親戚の家がきっかけだった。「モデルハウスを訪ねて、これだ!と直感。玄関を入ったときの木の薫りがすごくて、塗り壁のおしゃれ感が印象的でした」とIさん。最初に提示されたプランからほとんど変えることなく完成したわが家は、文句なしの出来栄えとのこと。さらに、「打合わせのときはもちろん、現場監督さんや大工さんとも毎日話をしていました」(妻Iさん)と同社とのコミュニケーションの良さを絶賛。楽しい家づくりで、理想的なマイホームを実現できたと高く評価されていた。

流曲線を描く框と廊下板が美しい玄関。右手の折戸を開ければシューズクローゼットが広がる。3連のニッチが小物による演出の楽しみを添える。

階段下収納には子ども達のおもちゃ類を収納。おこもり感が味わえる、心地よい空間となっている。

キッチンは勝手口やパントリーを備え、ダイニングテーブルととこ並びに。動線も大変効率が良い。

ダイニングそばには、パソコンなどが使えるカウンターを設置。

シンプルな造りの洋室は、将来子ども部屋として用意。

幻の漆喰による塗り壁は、塗り方を変えてアクセントをつけることも可能。

トイレ内のデザインも要望を反映して自由に仕立てることができる。I邸では、手洗いカウンターやペーパーホルダーにも音響熟成木材を使って統一感を持たせ、壁には貝殻などをあしらっている。

板張りの勾配天井の眺めが爽快なご夫婦の寝室。実はここにはさらなる工夫がプラスされている。「わたしが三交替勤務の職場で眠る時間がまちまちなため、防音仕様にしてもらいました」とIさん。防音扉に加えて、壁の断熱材にも工夫を施すことで、子ども達が1階で大声を出しても気にならないほどの静かさを実現しているという。

勝手口を出たところは、屋根と風防壁を設置。物置代わりに重宝するスペースに。

丸窓が印象的な外観。リビング前に設けられたウッドデッキは子ども達の遊び場にもなっている。