トップ > 建築実例 > 実例 > 南区H様邸邸

建築実例 南区H様邸

健康住宅に宅トレをプラスした「健康増進住宅」

いろいろ検討した結果、畳スペースは仕切らずLDKやキッチンと一体化することで、連動して使える効率の良い家族団らんの空間になりました。「カウンターは子どもがお絵かきをしたりする遊び場になっています」と奥さま。

アイレストホームにした決め手は、「白島『体感の家』の前を通りがかって、宿泊体験をしてみることに。その時の木の香りと空気の気持ちよさが忘れられなくて、アイレストさんに決めました。宿泊は更にもう一回したほどです。」とのこと。

また、住み心地について尋ねると、「陽当たりと風通しが良く、断熱材も少しいいものにしたので、夏はあまりエアコンが要らないし、冬は朝少し使うだけで一日中暖かくて快適。来客からも木の香りがいいねと誉められますね。」とHさん。

高い位置にあるロフトへは箱階段を設置して上れるようにしました。手洗いカウンターも組み込まれています。

「ボルダリングがある家がいいなぁ」というHさんのつぶやきに、「寝室にならできますよ」と営業担当が提案。カラフルな壁面が出来上がり、手軽なクライミングを楽しんでいます。

鉄棒は昔苦手だったママからお子さまへのプレゼント。パパのトレーニングにも大活躍しています。

キッチンや玄関などの収納も音響熟成木材で造作しました。床材との統一感と自然素材の安心感が決め手です。

書斎は提案を生かして小上がりスタイルに。段差部分が収納になり一石二鳥です。

ロフトのある洋室。収納もたっぷりあるので部屋が広く使えます。

「私自身アレルギーがあるので、健康住宅を選びました」とHさん。