トップ > 建築実例 > 実例 > 廿日市市津田A様邸

建築実例 廿日市市津田A様邸

自然の中のカフェのような家

「外の眺めを楽しみながら、ふたりでコーヒーを飲めるような暮らしが夢でした」と奥さま。
軒裏のシダー張りが美しいデッキで、こんな風にゆったりと朝食をとられることも多いそうです。

住み心地について尋ねると、
「新築独特の臭いがせず、入居から3ヵ月ほどなのに、まるで永く住んでいたかのように馴染んで落ち着きます。断熱がしっかりしているので、酷暑の夏もエアコンをほぼ使わずに過ごせました。」とAさん。

「浮づくりの床の質感は最高」とAさん。<エアリード>のきれいな空気も大変気に入っていただきました。

キッチンからも左上の写真のような外の眺めが楽しめる。「これが一番のお気に入り」とAさん。

吹抜けになった階段上部。玄関付近まで光をたっぷり取り込んでいます。

階段を上った先にあるフリースペースは、ギターや読書などを楽しむ趣味のコーナー。

トイレの手洗いカウンターには趣のある鉢状の器を据えました。

公配天井の主寝室。杉のやさしい香りが一日の疲れを癒してくれます。

端材を組み合わせてつくられたこのテーブルはAさん作。見事な腕前です。

庭には大きな樹木がたくさん。これらは、Aさんが山から運び出し、眺めを計算しながら植えられたそうです。現在の完成度は60%とか。

ライトカラーの破風がアクセントの表情豊かでぬくもりを感じさせる外観。