トップ > 建築実例 > 実例 > 安佐南区 T様邸

建築実例 安佐南区 T様邸

光と風と共に暮らす家

住むほどに健康になる家「エアリード」。壁・天井には空気をきれいにする「幻の漆喰」を、床や建具には焼杉を採用し、落ち着いた色合いが魅力のお住まいです。

さらに、自然の力を生かすパッシブ設計によって太陽光と風を効率よく取り入れ、一年を通して快適な住まいを実現しました。 建材や設備といったハードによる手法だけに頼らず、間取りや窓の配置といった建物自体の設計の工夫により、太陽の光や熱、風などの自然の力を上手にコントロールしながら生かすのがパッシブ設計の基本です。

体にやさしいだけでなく、環境にもやさしい住宅です。

梁見せ天井が開放感を高めるリビング・ダイニング。パティオにもつながる落ち着く空間です。

外からの目線を遮る中庭パティオは、プライベートな空間を作ります。

リビングの上の吹き抜けにも大きな窓を設け、光を心ゆくまで室内に取り込みます。

北側にも中庭を設置。夏の涼しさとくつろぎの空間をご提案しています。

中庭を眺めるゆったり6帖の和室。防犯性に配慮した格子付地窓から涼しい風を取り入れます。

靴だけでなく、遊び道具の収納などに重宝する玄関横のシューズインクローゼット。

スタイリッシュなデザインの外観。パティオの目隠しに使われている格子がアクセントになっています。