トップ > 建築実例 > 実例 > 廿日市市 A様邸

建築実例 廿日市市 A様邸

おしゃれでシックなモダンスタイル・焼杉仕立てのエアリード

焼杉仕立てのエアリード

ロケーションによく合う和風の健康住宅

退職後は夫婦で趣味を楽しみながら生活しようと、新居をつくられたAさんご夫妻。
四季を楽しめる自然豊かな場所にぴったりと、焼杉仕立ての<エアリード>を選ばれました。
「健康住宅の話を聞いて、これはいいなと思いました。60歳で建てるので、健康で長生きしないといけませんから。この家を通じて、見たり、聞いたり、五感で日本の良さを楽しめると大いに期待しています。」と完成を喜ばれていました。

最初はリビングとダイニングの間に仕切りのあるプランでしたが、仕切るのはもったいなく思えて、ひとつながりになったという大空間のLDK。大きなキッチンは料理好きな奥さんが腕を振るう場に。「自分達で育てた野菜をおいしくいただくという、自由で自立した毎日を過ごしたい」とご主人。

男の隠れ家と銘打たれたMさんの個室。箱階段の上にはロフトも。
小上がりになった畳スペースが団らんの中心に。箱階段はロフトへと続く
カウンターが親子の距離を近づける

親戚などが大勢集まることを想定した玄関は広さに風格も備えた上質な設えです。 また、式台をL字型にすることで、廊下側から和室への出入りも大変スムーズになりました。

広々とした土間にライン状に置かれた石が小気味よいアクセントに。

焼き物収集が趣味というご夫婦。手洗いカウンターにも重厚な鉢状の器を据えました。

大屋根が存在感を放つ平屋建てのお住まい
大屋根が存在感を放つ平屋建てのお住まい

「私も妻もこの焼杉のトーンが大好きなんです」とご主人。日本の四季を楽しみながら、ゆったり過ごせる住まいとなるよう、モデルハウスを見ながらイメージが広がっていったそうです。

「窓や棚の位置も現場で大工さんと相談しながら決めました。施工途中もクリエイティブにできたのは大変良かった」とご主人。「妻はいずれここで料理教室が開きたいようです」とにっこり。

男の隠れ家と銘打たれたMさんの個室。箱階段の上にはロフトも。
小上がりになった畳スペースが団らんの中心に。箱階段はロフトへと続く
カウンターが親子の距離を近づける

2階は洋室と段上がりの和室を組み合わせ、トイレも室内から直接行ける設計にされました。

畑でとれた野菜はここで洗ってキッチンへ。土間は洗面室にもつながる便利な動線になりました。

A様邸は見晴らしの良さも抜群。「このロケーションに合う和風の家に決めました」とご主人も満足そうです。