トップ > 注文住宅 > さあ、家を建てよう! > 耐久性の話(2)

私たちアイレストホームは、お客さまの大切なご家族が、いつまでも安心して快適に暮らすことができる家づくりを追求しています。

さあ、家を建てよう! --アイレストの技術--

地震やシロアリ対策も万全の家づくり

大切な家族や資産を守るための、万が一の時の備えも重要!
いつ起こるかわからない地震や、シロアリの被害等から家をるための万全の対策に取り組みます。

地震に強い家づくりのポイント

適切な地盤調査&地盤改良

適切な地盤調査を行い、適切な基礎補強・地盤改良を行うことが重要です。
地盤保証も必要です。

ベタ基礎

家を根底から支えるのに大切な基礎は、地震 に強い「ベタ基礎」にすることで土台から強い家づくり。

地震に強い構造

土台、柱、梁などの接合部に金物を使って緊結し、耐力性能を高めています。
軸組工法に耐力面材と剛性パネルを組み合わせた地震に強い構造に。

シロアリから家を守る

「安全+ 半永久」自然生まれの防腐防蟻剤「ホウ酸系防腐防蟻剤」

「ホウ酸系防腐防蟻剤」は、無機性物質「ホウ酸塩」の木材保存剤。素早く木材に浸透してシロアリや腐朽菌を寄せ付けません。
無機性物質のため揮発しないので効果は半永久的。地面の中や、雨水にかからない環境下なら有効成分は木材内にとどまり続け、半永久に近い持続性を保ちます。また、「ホウ酸系防腐防蟻剤」は無臭かつ揮発しないのでシックハウスを起こしません。

耐久性・安定性・メンテナンス性に優れた配管

「サヤ管ヘッダー工法」

給水・給湯管をサヤ管(保護管)に通して配管し、各水まわりへの分配配管(ヘッダー)する「サヤ管ヘッダー工法」を採用しています。
サヤ管ヘッダー工法にすることで、安定した水量を確保できる快適性はもちろん、水漏れなどのトラブルを低減します。安定性・耐久性・メンテナンス性ともに優れた配管工法で快適な水まわりを実現します。

サヤ管ヘッダー工法
基礎スリーブ工法 サヤ管ヘッダー工法の特徴 水漏れの心配なし

樹脂製のサヤ管の中に本来の給水管を通す二重構造の配管工法で、中の給水管も樹脂製です。だから錆びることもなく、軟らかくて曲げやすく、鋼管のような継ぎ手が不要なので、水漏れの危険性が少なくなります。また、施工中の釘打ちによる漏水を低減します。

安定した水量で快適

ヘッダーで分岐することで、複数の水栓を使用しても流量変動や水圧の変動が少なく安定した水量を確保し、快適に水やお湯を使うことができます。

結露から守る

配管部材は、熱伝導率の低い樹脂製です。しかも、サヤ管内の空気層が断熱効果を高め、従来の金属配管と比較して給水配管では結露が発生しにくくなります。

補修や交換のメンテナンスが簡単

サヤ管にすることで補修や交換などのメンテナンスも容易になります。