トップ > 社長コラム 家づくりをもっと楽しもう > パッシブ設計でいこう!快適な家づくり(1)パッシブ設計の3つのキーワード【日射】
家づくりをもっと楽しもう

パッシブ設計でいこう!快適な家づくり(1)パッシブ設計の3つのキーワード【日射】

http://www.irest.jp/objects/column/21/1389062935.jpg?2014010711i1389062935
 パッシブ設計とは、太陽の光や熱、そして風など自然の力を上手に採りこみ調整することで、エアコンなどの冷暖房器具に頼らず、四季を通じて快適に暮らせる住まいづくりをめざす設計手法です。
  地球温暖化による環境破壊が危惧されている今、省エネ&省CO2対策は、私たちの必須課題。だからこそ、これからの家づくりには、自然環境に十分配慮し、 地球の負荷を軽減するのための工夫やアイディアが強く求められています。その時代の要請をうけ、大いに注目されているのが「パッシブ設計」です。その手法やトピックスについて、事例を織り込みながらご紹介していきます。


 太陽や風の恵みをうまく活用しながら、地球に優しく、健康で快適な暮 らしを実現するパッシブ設計を考えていくうえで大切なキーワードは、「日射・遮蔽」「通風」「高気密・断熱」の3つです。この3つの要素をうまくコント ロールすることで理想的な住環境を作ることができます。

キーワード(1) 日射

 太陽エネルギーをうまくコントロールすることが、パッシブ設計の第一歩です。簡単にいってしまうと「夏は日射を遮り、冬は日射を呼び入れる」と言うことです。

http://www.irest.jp/objects/column/21/1389062649.gif?2014010711i1389062674
 
  日本の伝統的な家につきものの軒や庇(ひさし)。これこそ、夏と冬の日射をうまくコントロールする大発明だったと言えます。地域によって若干違います が、南側からの日射は、夏至で約80度、冬至で約30度です。従って開口部の1/3の程度の軒や庇を出すことで、夏のまぶしく熱い日射を遮断し、逆に冬は ポカポカと暖かい日差しを室内に取り込む役割を果たしてくれるのです。その効果として夏は太陽熱による室温上昇を押さえ、冬は太陽熱で室温を上昇させるこ とにつながります。
 また雨の日には、軒や庇の張り出しが雨の降り込みを防ぎ、窓を開放したままでいられるため、風を通し、梅雨時期のジメジメ感もしのぎやすくしてくれます。
 
http://www.irest.jp/objects/column/21/1389062666.gif?2014010711i1389062674
 
  南側の日射は軒や庇で制御できますが、東西の日差しは高度が低いので、遮ることは難しく、部屋の奥まで日射が入ってしまいます。特に夏の西日は、室温を 最悪な状態まで上昇させてしまいます。 そんな時は、西側に袖壁を作ることで、西日の侵入を防ぐことができます。デザイン的にも家のフォルムにアクセント をつけることができ、検討の余地は十分あると思います。
 
http://www.irest.jp/objects/column/21/1389062674.gif?2014010711i1389062674  南側に庭が取れる場合は、植栽などによって、うまく日差しをコントロールすることも可能です。樹木や緑のカーテンなどは直接日射を遮る効果があります。落葉樹を植えると、夏は葉っぱで日射を遮り、冬は葉が落ちるため、日射が入るようになります。
 あわせて、南側に芝生を植えると、照り返しなどが緩和され、室内に流れ込む風の温度を下げる効果も見込まれます。
 また、ヘチマやゴーヤなど蔓植物を植えて、緑のカーテンをつくることも、夏の日差し遮断にかなり有効です。
 

  健康で長生きする家を考えよう(5)窓にも結露対策をしっかりと パッシブ設計でいこう!快適な家づくり(2)パッシブ設計の3つのキーワード【通風】  
(最終更新日: 2014年1月9日)